京都~観光編   

京都には歴史的な神社やお寺がたくさんあります。
今回は三人とも行ったことがないところへ出向いてみることに・・

■天龍寺
嵐山の渡月橋近くにある臨済宗天龍寺派大本山の寺院。
天龍寺は京都五山の中で、第1位という寺院で古都京都の文化財の一部になっています。

ちょうど秋の特別参拝中で「雲龍図」を拝観することができました。
天井には八方睨みの龍が描かれています。


■竹林の道
d0219283_11114762.jpg

大河内山荘から野宮神社に300メートル続く竹林。
雰囲気があり,嵐山・嵯峨野の人気スポットです。

■伏見稲荷大社
d0219283_1123369.jpg

全国にある稲荷神社の総本宮であり、本殿のある稲荷山全体が信仰の対象となっています。
今年は、稲荷大神御鎮座1300年を迎え,ちょうと記念大祭が行われているところでした。
鳥居が連なってトンネルのようになった「千本鳥居」は有名ですね。
日も暮れ始め,灯りがつくとまた幻想的な雰囲気に・・
d0219283_1124516.jpg


■安井金比羅宮
主祭神の崇徳天皇が、讃岐の金刀比羅宮でいっさいの欲を断ち切って
参籠(おこもり)されたことから、断ち物の祈願所として信仰されています。
男女の縁はもちろん、病気、酒、煙草、賭事など、全ての悪縁を切っていただけるそうです。
d0219283_1132513.jpg

縁切り縁結び碑にかなりの行列!
碑の表から裏へ穴を通って悪縁を切り、裏から表へ通って良縁を結びます。
写真だけ撮って次へ~


■建仁寺
800年前 臨済宗の栄西(ようさい) によって開かれた京都で最古の禅寺です。
「風神雷神図」
d0219283_1304792.jpg

二曲一双の屏風全面に金箔を押し、右双に風神、左双に雷神を描いています。

この「風神雷神図」のとなりに金澤翔子さんの書が飾られていました。
d0219283_1323064.jpg

金澤翔子さんは生まれてすぐダウン症と診断されますが、
5歳の時に書家である母に師事し、書道を始められます。

法堂の天井画「双龍図」
d0219283_1259401.jpg

迫力ある龍の天井です。

こちらのお庭「○△□乃庭」といって単純な三つの図形は宇宙の根源的形態を示し,
禅宗の四大思想(地水火風)を表しています。
d0219283_1354658.jpg

自然と心が落ち着いてきます。
何時間でもこうしていられそうです。


■知恩院
全国に7000余の寺院を擁する浄土宗の総本山。
d0219283_11475654.jpg

念仏を称えれば、誰でも極楽往生できると教えた法然が晩年住まわれ、念仏の教えを説かれたお寺です。
法然上人が建暦2年(1212)にお亡くなりになられてから今年で800年になり,
大遠忌(おんき)が行われ,約2500人の檀信徒が参拝に訪れて遺徳をしのんだそうです。

知恩院の目の前の旅館に宿泊したので,部屋の窓からは長く続く参道の灯りがとてもきれいに見えました。
入り口の門もとてつもなく大きく,カメラの幅がギリギリ!
d0219283_11492673.jpg

早朝ひんやりとした空気の中,お散歩がてら広い境内を歩いてきました。

■下鴨神社
縁結びの神様で有名な神社のひとつです。
d0219283_1293043.jpg


こちらが「相生社(あいおいのやしろ)」で,古代から縁結びの神様として知られる
神皇産霊神(かむむすびのかみ)が祀られています。
d0219283_13314152.jpg


下鴨神社は世界文化遺産で、広い糺の森(ただすのもり)といくつものお社があります。
紀元前90年ごろにはすでに存在したという説もあるようです。

境内は広く,キャッチボールやジョギング,お弁当を広げてる人もいて
のんびりとした時間が流れています。


京都は修学旅行以来2度目でしたが,大人になってからの京都は
また違った視点から見ることができてとても良かったです。

バタバタと京都駅を駆け回り,新幹線に乗り込む姿は大人女子としてまだまだですね・・・
d0219283_1325293.jpg

[PR]

by hori178 | 2011-10-13 12:31 | 旅行

<< SLC⑩~アマランス 京都~食事編 >>