カテゴリ:おべんとう( 389 )   

夏弁   

夏は季節でみると陽性です。調理方法は生だったり,ささっと炒めたりなど
あまり煮込まない(煮浸しなど)調理方法も冬に比べると短時間で軽く仕上げ(陰性)
その方がおいしく感じます。

お弁当づくりも夏は特に,あまり火を使わずに仕上げたい。
ということで,スーパーひたち並の早さで仕上げます。
ちょっと微妙な早さ?

d0219283_13445025.jpg

d0219283_13451941.jpg

d0219283_13455634.jpg

d0219283_1345409.jpg

[PR]

by hori178 | 2011-07-11 12:36 | おべんとう

ベーグルサンド   

d0219283_1153921.jpg小林聡美さんのパンのCMを見ると食べたくなるのは私だけ?

シンプルにかぼちゃをマッシュしてのせただけのパンだけど,
それがまた美味しそう(絶対美味しい)です。


ベーグルを半分に切って焼いて,オリーブオイルと岩塩をぱらり。
取り立てのサニーレタスに,きゅうり,トマト,アボガドを挟みました。


危うくサニーレタスにくっついてきた青虫もサンドするとこでした。。





d0219283_11551839.jpg

にこっ!
[PR]

by hori178 | 2011-06-30 12:33 | おべんとう

夏野菜べんとう   

朝お弁当づくりが終わると,そそくさと朝日があたるリビングの窓辺に移動して写真を撮るのですが,こうも毎日曇り空だとお弁当を作る気力もなくなります。。
やっぱり自然光が一番きれいに撮れるのです。

さて,我が家では梅干し作りが開始されておりました。
もうそんな季節です。
d0219283_1205050.jpg

新じゃがやなすやきゅうりの夏野菜がお弁当に詰め込まれています。
青しそも大活躍!

d0219283_1212065.jpg

d0219283_1214475.jpg

d0219283_122231.jpg


頂き物の新じゃが。小さなじゃがいもは,炊飯器でご飯を炊くときに一緒に放り込みました。
あるブログで拝見して試してみたのです。
あわただしい朝,いかに手を抜くか,は大切です。これも節電ですね。
[PR]

by hori178 | 2011-06-24 12:30 | おべんとう

和弁当   

最近のおべんとうです。
d0219283_1333456.jpg

d0219283_13341730.jpg

d0219283_13344215.jpg

d0219283_1335712.jpg


改めて自分のお弁当を見ると,やっぱり和食系がほとんどです。
反対に外食するときは洋食を選ぶことが多いです。


そうそう,この間一番好きな野菜は?と聞かれて困ってしまいました。
友達は「とうもろこし」と即答。

王道の「かぼちゃ」も好きだけど,さやいんげんやスナップエンドウ,空豆,枝豆などの
豆類の野菜が好きです。

先日,空豆のポタージュを作りました。
暑かったので冷やして冷製ポタージュに。
自然の甘さで後味もさわやかです。
d0219283_13353348.jpg

[PR]

by hori178 | 2011-06-06 08:11 | おべんとう

キャラ弁   

今日から6月。梅雨入りしてすっきりしないお天気が続いていますね。
洗濯物が乾かない,髪型がきまらない,気分が乗らない,膝が痛む・・・
悩みも人それぞれです。

日本一雨の多い石川県の女性は肌がきれいなんだとか。

そう言われれば,梅雨もそんなに悪くない!

梅雨になったら作ってみたかったのがこのお弁当。
d0219283_9354863.jpg

分かりますか?
色合いでご想像下さいませ。。

では,もうちょっとアップで・・
d0219283_9363210.jpg

飾り巻きの中では比較的簡単な方です。
朝から狭い台所で工作?している私。
迷惑そうな視線とオーラをひしひしと感じながらのお弁当づくりです。。
[PR]

by hori178 | 2011-06-01 08:14 | おべんとう

季節限定   

“期間限定”や“季節限定”“数量限定”という言葉に弱いのは私だけじゃないはず!
希少価値がより購買欲をかき立てるからなのでしょうか。

マクロビオティックでは「地産地消」「身土不二」が根底にあります。
自然と共に暮らしていれば季節のものを食べて暮らしているのは当たり前のことですが。

スーパーに行けばもうすでにスイカやなすは売っているし,
それどころか一年中ほとんどの野菜が手には入ってしまいます。

でもやっぱり旬の野菜は格別!
前置きが長くなりましたが,この時期の野菜で一番好きなのは「さやいんげん」
(クモの巣をくぐり抜けながら・・・)毎日庭の畑に行って収穫するのが楽しみ♪

一気に実をつけてあっという間に収穫時期は終わってしまう名残惜しさがいいのかも。

そんな今が旬のいんげんのお弁当。

①筍ごはんとリンケッツ(大豆ソーセージ)の野菜炒めと共に・・
 
d0219283_15413226.jpg


②お野菜たっぷりラタトゥユとかぼちゃの煮物と共に・・
d0219283_15474268.jpg


③ひじきご飯(厚揚げで見えない・・)と厚揚げ@コムちゃん南蛮とパプリカのソテーと共に・・
d0219283_1548141.jpg


④切り干し大根のパスタと共に・・
d0219283_1548196.jpg


ただ今,大活躍中!
[PR]

by hori178 | 2011-05-26 08:10 | おべんとう

最近のおべんとう   

一人暮らしや家庭を持っていれば食事を作ることがもっと多いのでしょうが,
生憎?どちらでもない私は平日は料理をするとなると,自分のお弁当ぐらい。

「手間と時間と品数はより少なく」がモットーです。

最近の紹介できるおべんとうたちのご紹介。

①車腐の唐揚げ風(煮た車腐に片栗粉をつけてジュッと焼く)
 切り干し大根の煮物(お弁当登場率No1!)
 かぼちゃとインゲンのサラダ(この組み合わせとっても大好き)
 かぼちゃとサラダ菜の洋風ごはん(鍋に残ったかぼちゃにご飯を投入!)
d0219283_10303776.jpg


②ひよこ豆のコロッケ(久しぶりにひよこ豆登場♪)
 筍の筑前煮(近所の佐藤さんの筍)
 パプリカのソテー
 ひよこ豆と紅ショウガごはん(ひよこ豆の甘さと紅ショウガの酸っぱさが意外と合うんです)
d0219283_103147.jpg


③ひよこ豆のコロッケ(鉄火味噌をつけて)
 ひよこ豆のサラダ(梅酢でさっぱりと)
 残り物チヂミ(出汁をとった昆布やあまった野菜,あまった粉を集結!)
 キュウリとキャベツの浅漬け
 玄米ごはん
d0219283_1031468.jpg


④筍の筑前煮~第二弾~(今回は薄味で上品にとのこと)
 パプリカと大根の葉っぱのソテー
 ソーセージ(お弁当に新入り登場!)
 玄米ごはん
d0219283_10323198.jpg


d0219283_10325868.jpg 
 このソーセージ。リンケッツと申しまして大豆でできております。
 この様な缶詰にきちんと整列されており,そのままでもおいしく頂けますとのこと。
 久しぶりのソーセージさん。可愛くタコさんにしようと切れ目をいれて焼いてみましたが,残念ながら開くことなく・・・口をつぐんだまま。。

 私の期待には応えてくれませんでしたが,味はくせがなく美味です。
 

 
[PR]

by hori178 | 2011-05-16 08:02 | おべんとう

春のお弁当   

今週の雨で桜もあっという間に散って葉桜となりそうです。

千波湖の公園でお弁当を持って友達とお花見をするのが毎年の恒例でした。
毎日のお弁当だけでもお花見気分でということで。

d0219283_1185449.jpg
紅ショウガと梅酢を混ぜたごはんをつめてお稲荷さんに。
甘みがある黒豆のコロッケは大好きなひとつ。お弁当登場率が高いです。









d0219283_1192072.jpg
海苔巻き弁当。本当はバラに見えるようにしたかったのですが。。













d0219283_11101177.jpg
梅酢とオリーブオイルのサラダパスタと
豆乳マフィン。桜の塩漬けのしょっぱさが効いています。












温かくなってくると「酸っぱい」ものが食べたくなります。
五行でいうと春は「酸味」で,臓器は「肝臓」。
酸味は肝臓の働きを助けてるので,気持ちも和らぎ,
ウキウキとした気分になるのかもしれませんね。


まだまだ続いている余震や原子力発電所事故による放射能問題など
不安な面はやっぱりあります。
避難所生活の方たちは「早くふつうの生活に戻りたい」と願っています。

9.11が起きたとき当時のニューヨーク市長が経済悪化を危惧して
「いつも通りの生活に戻すこと」を市民に呼びかけたそうです。
ブロードウェイでは、テロの数日後には公演を再開したり,
ニューヨークシティマラソンを2ヶ月後に行っていました。

日本も被災地の方を「支援」し,「節電」しながら
「自粛」せずに「元気」になれるはず。
[PR]

by hori178 | 2011-04-18 20:54 | おべんとう

お弁当づくり   

マクロビオティックのお料理に興味がある友だちからお弁当のリクエスト。
何を作ろうかメニューを考えるのは楽しい作業♪
結局自分が好きなものばかりに・・・

・玄米おにぎり(黒ごま)
・切干大根の煮物
・車麩のカツ
・レンコン団子
・トリコロールフリッジのサラダ~梅酢和え~

お肉やお魚、卵、乳製品、砂糖は使わないお料理だとは分かっていたようですが、
「カツはお肉じゃないんだよね??」
「サラダの中の卵みたいなのは??」
「ミートボールは何でできてるの?」

と後から質問の電話がかかってきました(笑)
切干大根の煮物はお醤油だけしか使ってないんだよ~と言うと
それもビックリしていました。

そういえば私も初めてミレットで玄米を食べたときは衝撃だったなぁ~
玄米がモチモチするの何で~??と(笑)

とにかく初めてのマクロビオティックのお料理が私のお弁当だったので
ちょっとプレッシャーでしたが美味しいと言ってくれて一安心です。

d0219283_21103584.jpg
[PR]

by hori178 | 2011-03-03 20:37 | おべんとう